イビサクリーム デメリット

購入前にはデメリットも確認!

デリケートゾーンの黒ずみ対策といえば「イビサクリーム

 

もしや常識レベル?というくらい、ネットやSNS、雑誌で目にします。

 

自分のデリケートゾーンが黒ずんでいることに気付くと、これまでのことやこれからのことを考えると恥ずかしくて、どうにかしなきゃ!と焦りますよね。

 

でも、「イビサクリームがデリケートゾーンの黒ずみに効くらしい!」と、慌てて買うのはちょっと待ってください。

 

良いことばかり書いてある記事もありますが、イビサクリームにはデメリットも存在します。

 

買ってから、こんなはずじゃなかったのに・・・と後悔しないように、買う前にきちんとデメリットを確認しておくことをオススメします。

 

私が実際に購入し、使用していく中で感じたデメリットを紹介します。

 

 

イビサクリームの3つのデメリット【体験談】

 

目に見える効果はすぐには現れない

イビサクリームを使用して、実際に効果を実感するには時間がかかります。

 

イビサクリームを購入し、商品に同梱されていた手紙(?)にも

医薬部外品という特性上、効果の実感までに個人差がございます。
3ヶ月から6ヶ月で実感される方が多いようです。
是非とも焦らずじっくりお取り組みください。

と書かれています。

 

3ヶ月から6ヶ月とは・・・なかなかに長期戦です。

 

イビサクリームの購入を決意するまでに、たくさんの口コミをチェックしましたが、確かに3ヶ月目あたりから効果を実感しだした人が多かったです。

 

逆に、効果がなかったという人は、2ヶ月以内で諦めていることが多いようでした。

 

中には、早ければ2週間〜1ヶ月で効果があった!なんて羨ましい人もいましたが、レアケースだと思います。

 

実際、私はどうかというと・・・

  • 今ちょうど1ヶ月が経ちましたが、やっぱり、目に見えて黒ずみが薄くなるような効果は実感できていません。
  • ただ、肌の質感・さわり心地が、ごわごわしてたのが、しっとりとして良くなってきました。

 

私は、購入前に時間がかかることを知った上で、3ヶ月はしっかりと頑張ろうと決心して始めたので、1ヶ月ではまだ目に見える効果がないのは、予想の範囲内です。

 

 

 

もちろん1ヶ月くらいで目に見える効果があれば最高なので、効果が出るまでに時間がかかることはデメリットです。

 

2週間で黒ずみを消したい!などすぐに目に見える効果を求める人は、イビサクリームに即効性はないので、やめておいてください。

 

 

1日2回、毎日のケアが必要

 

イビサクリームは、1日2回、毎日塗る必要があります。

 

 

1日1回、晩だけでOKなら、お風呂上がりにさっと塗れて、塗り忘れもなく簡単なのに〜

 

実際、朝のケアはちょっとおっくうです。

 

朝シャワーなど入浴の習慣がなければ、デリケートゾーンに塗る場合は、拭いたりして清潔しないといけないので、ケアの時間は1分以上かかってしまいます。朝は時間との闘いなので、この1分が惜しい時もあります。

 

朝は出かける準備などで、バタバタと忙しいので、朝のケアはできればしたくありません。

 

寝坊した時には、ケアできずに外出せざるを得なくなります。
まぁ、その場合には、イビサクリームを持って行って、外出先のトイレなどで塗ることもできますが・・・。もし、鞄にポンと入れてて、誰かにイビサクリーム本体を見られても、黒ずみケア商品だとはバレないパッケージなので安心です。

 

1日1回の使用でも効果があったという口コミもあるにはありましたが、やはり1日2回しっかり塗らないと効果は出にくいようです。

 

さらに効果が発揮されやすい塗り方で、しっかりとケアしようとすると、もっと時間がかかります。

>>>詳しい使い方・効果的な塗り方を確認する

 

朝余裕がない私には、1日2回毎日ケアしなければいけないことは、デメリットです。

 

それでも、早く効果が現れて欲しいので、朝もしっかりケアできるように、頑張って時間を作っています。

 

 

この1日2回毎日のケアが難しい人は、せっかくイビサクリームを買っても、効果が発揮されないかもしれないので、オススメできません。

 

 

毎月の出費が続く

 

@でもお伝えしたように、イビサクリームに即効性はなく、効果が出るまでに、3ヶ月は続けて使用する必要があります。

 

ということは、それだけお金もかかります。

 

イビサクリームは定価7,000円。
公式サイトの1ヶ月に1本届く「集中ケアコース」が1番お得で安心な購入方法なので、この購入方法にした場合でも、毎月5,000円弱。
これが毎月かかることになります。

 

 

毎月毎月5,000円・・・これが高いかどうか?は人によって異なるでしょうが、私にとっては高いし結構負担です。

 

でも、友達と1回飲みに行けば5,000円くらいするし、毎月この1回を我慢してイビサクリームの費用に充てると考えれば、大したことないか・・・。
毎月1回飲みに行くのを我慢すれば、数ヶ月後にはこの黒ずみとサヨナラできる!

 

と考えるようにすると、イビサクリームを購入し続けることによる金銭的負担も、さほど気にならなくなりました。

 

 

毎月5,000円の出費を、効果が出るまで続けるのは無理!という人は、最初からトライしない方が良いかもしれません。
中途半端に2ヶ月だけで止めると、後1ヶ月頑張れば効果が出たかも知れないのに〜!と、1番モッタイナイです。

 

 

イビサクリームのデメリットまとめ

 

今までお伝えした、イビサクリームのデメリットをまとめると・・・

 

  • 即効性がないので、3ヶ月から6ヶ月は続ける必要がある。
  • 毎日1日2回ケアするのが面倒。
  • 結果が出るまで、毎月5,000円の出費。

 

実際にイビサクリームを使っていて感じるデメリットは、この3点くらいです。

 

デメリットと言っても、これでデリケートゾーンや乳首など気になる部位の黒ずみとサヨナラできると思えば、大したことじゃありません。

 

「黒ずみで恥ずかしい思いをする自分」と、「この3つのデメリット」を比べてみてください。

 

どっちが嫌ですか?

 

黒ずみを解消できるなら、こんな3つのデメリットくらいたいしたことない!と思える方は、イビサクリームで黒ずみケアをオススメします。

 

でも、このデメリットの方が耐えられない!という方は、イビサクリームの購入はやめておいてください。

 

 

>>>イビサクリームの口コミを確認する

 

デメリットの数の補足

 

B出費のところでも書いていますが、1番お得な購入方法はイビサクリーム公式サイトの毎月1本継続コースです。

 

このコースは最低2回は継続して購入する必要があります。
こういう縛りがあることは、1回で終わりたい人にはデメリットともいえます。

 

ただ、どうしても1回では効果が期待できず、2回〜3回は継続して使う必要があるので、あえてデメリットにあげることもないかなと、デメリットは「3点」とデメリットの数に含めておりません。

 

 

page top